商品案内

経営事項審査の評点をズバリ!30点アップする本の商品案内

商品案内

(30年4月経営事項審査改正対応版です)

この本では, ズバリ!P評点30点上げる方法をお教えします

本の中身の一部を公開します。

<37ページ>

21年12月31日の経営事項審査の総合評点pが土木一式で626点から726点に,とび土工で661点から

761点にアップし,それぞれP点が100点アップします。30点どころではなく100点も上がります

<112ページ>
合計71点で30点どころではありません。40点以上も上がるのです。

これに、都道府県の主観的点数で10点アップできたら81点も上がるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経営事項審査の評点をズバリ!30点アップする本の目次

経営事項審査(経審)の評点とは

(1)経営事項審査(経審)の評点は、建設会杜の通知表

(2)経営事項審査(経審)公表

(3)経営事項審査(経審)の評点の対策についての流れ

相談事例<私の回答>

(4)ズバリ!危ない会杜の判断

(5)経営事項審査(経審)の評点計算ソフトを持っていますか?

(6)経営事項審査(経審)の評点の仕組み5つの評点の計算の仕方

① X1(工事種類別年間平均完成工事高)

② X2(自己資本額及び平均利益額)

③Y(経営状況)

④Z(技術職員数及び工事種類別年間平均完成工事高)

⑤W(その他杜会性等)経営事項審査(経審)結果通知書の見方経営事項審査(経審)結果通知書をずっと眺めて

下さい。

経営事項審査(経審)の評点アツプの考え方

決算を迎える前に、対策を行って下さい

経営事項審査(経審)の評点で30点アツブずる方法

(1)この章が一番皆さんが、関心のあるところだと思います

(2)それでば、30点アップのノウハーを公開です。

(3)貸借対照表と損益計算書のどぢちを重視しますか?

(4)全ての勘定科目のデーダを入力する必要ばない

(5)会杜の総務部の利益と工事部の実行予算での利益

(5)何と受取手形1億円が金庫の中に

(7)固定資産台帳(減価償却明細表)のヂェッグを再度行って下さい。

(8)決算書の中に残されている貸付金,仮払金,立替金,未収入金[ある会杜の相談に行って]

(9)その他の杜会性Wの評点を10点あげる方法

(10)3年平均と3年平均のどぢちを採用しますか?

(11)財務諸表を作成するうえでチェックして評点アップ対策のミスをなくして下さい。

(12)何点以上ば、Aラングという評価より、評点の上位順位という方式へ

(13)経営事項審査(経審)のラングを下げる方法について

第7章を改訂追補として

(1)最近の経営事項審査の評点アップのコンサルテイングのワンポイントを掲載しました。

(2)最近(平成24年6月の長野市,甲府市)での評点アップセミナーでの参加者への評点アップの

ワンポイントを参加者の中の6社分を掲載しました。

(改正内容)

①保険未加入企業への減点措置が厳格化されます。

審査項目「労働福祉の状況」欄の「健康保険及び厚生年金保険加入の有無」を分割
→ 「健康保険加入の有無」と「厚生年金保険加入の有無」に区分し、それぞれの項目について審査します。

※注 平成24年7月以降に経営事項審査申請を行う場合の申請様式が変更になります。

「雇用保険」「健康保険」「厚生年金保険」に未加入の場合

減点幅がそれぞれについて△40点となります。
※注 いずれの保険にも加入している場合(又は適用除外の場合)は、総合評定値に影響ありません。

 

(30年4月経営事項審査改正対応版です)

経営事項審査のお申込み

経営事項審査の本

(30年4月経営事項審査改正対応版)

 

特別価格:0・00円 今すぐお申込み

経営事項審査 本 書籍の販売

(※)商品については,PDFファイルでの納品になります

経審の評点アップのヒント

①経審の評点アップでよく見られるのが、他社の経審の評点との比較をしないで経営審査の評点アップの計算をされている。

②経審ソフトを持つていない

③財務諸表の90%が適正に作成されていない。

④ランクの基準になる評点について勘違いされている。
経審結果通知書のP点でも経営状況分析のY評点のどちらでもありません。
建設業のランクの基準になり評点は、経審結果通知書のP点と各発注者の主観的点数の合計点数です

⑤経審の評点アップで経営状況分析Yにあまりにもこだわり過ぎている。

⑥会社の決算期の違いの影響は大きい。

⑦これからは,受注型の経営より提案型の経営への経営改善

⑧経営と技術の優れた会社というキーワードを大事にしていない会社が多い

⑨ISO取得の本当のメリットを会社の経営に活かす方法を知らな社長が多い。